男性ホルモンが多いとハゲるってホント!?

男性ホルモンが多い人はハゲているとよく耳にしますがみなさんは本当だと思いますか。
実際見た目ではそう見えないような人でもハゲていたり男性ホルモンが多いかどうかは本人さえもわからないと思います。
見た目年齢も変えてしまうハゲですが、なぜハゲるのかそれがわかれば救われる男性も大勢いると思います。

ハゲているひとの特徴

ハゲているひとの特徴

もちろんすべてが男性ホルモンのせいではなく、医学的にも否定されているくらい真実は薄いものといえます。
ストレスなどの精神的な脱毛症の人もいれば、病気関係の人もいます。
それとはべつにハゲているひとの特徴は何だと思いますか。私が考えるひとつは胸毛なのですが、ハゲているひとの多くが胸毛にも悩んでいる傾向が高いことがわかりました。
いらないところは生えてくるのに欲しいところにないという一番つらい状況はやはり本人には耐え難いと思います。
そう考えるとやはり男性ホルモンの関係で胸毛が生えてくるのでハゲることも男性ホルモンにつながっているのではないかと考えられます。

男性ホルモンとハゲに関係性はない

男性ホルモンとハゲに関係性はない

男性ホルモンが原因でハゲが進行することは今の段階では証明されていません。何らかの関係はあるにしても男性ホルモンを減らしたからといってハゲることがとまることもきっとないと思います。
ここは神頼みと育毛剤に頼るのもありですが、育毛剤はハゲてから使っては意味がありませんので気になり始めたらすぐそのときから使うことをお勧めします。
当の本人からしたら早いところ原因解明される日が待ち通しいですよね。

まとめ

結局お役に立てるようなことはかけませんでしたが、男性ホルモンとの関係性が違うというのであれば、あとは規則正しい食事で栄養を取り、シャンプーなどを丁寧にして、すぐ髪の毛は乾かす。
何度もブラシは通さない、帽子は極力かぶらないようにするなどの対策をしていくしかありません。
白髪の悩みと同じくどうか早いところハゲることへの原因解明ができてくれるとありがたいですね。