遺伝とハゲの関係。

遺伝と髪の毛

もともとの髪質には必ず遺伝が存在します。それから育っていくにつれて、家族は大体同じものを口にします。
同じシャンプーを使い、同じご飯を食べ、そうしているうちに同じ髪質をもっていれば同じような結果になってもおかしくありません。
産まれ持った髪質は遺伝かもしれないですが、そこからのお手入れで全然違う未来もあると思います。
親がはげているからと諦めるのではなく、少しお手入れ方法を変えてみるといいのかもしれません。
たしかに遺伝性も否定はできないですが、多少の希望を考えて少し変えてみて下さい。

お手入れ方法

お手入れ方法

同じシャンプー、同じ食事は仕方が無いことなので何もいえないですが、油物を取ったら野菜などもしっかりとっていきましょう。油分肌になると毛穴が詰まりやすくなるからです。シャンプーは念入りに、そしてすすぎはもっと念入りにがとても大切です。頭皮のケアを心がけましょう。
ヘッドスパなどにいって洗う前と後の毛穴の違いをスコープで見せてもらってください。全然違うことに衝撃を覚えると思います。

髪の毛はぬれた状態で放置しないことも重要で、頭皮だけでも直ぐに乾かしてください。
トリートメント類、ワックス、スプレーは一切髪の毛につけない。ついてしまった日はとくに念入りにすすぎをしましょう。
それくらい頭皮の毛穴は詰まりやすいのです。
遺伝の関係性も勿論否定は出来ないですが、多少はこれで変わってくることだと思います。
諦めないことがとても大事になってきます。

まとめ

遺伝とハゲの関係。

遺伝だとそうなる日をじっと待っているだけではやはりもったいないです。髪の毛の印象は全然見た目を変えます。
細い髪質の人は特に毛穴を大事に扱ってください。
毛先が痛んでいると、そっちに栄養がとられがちになり毛根に栄養が届かなくなるので痛んでいるところは切ったほうがいいと思います。
育毛剤ははげる前に使ってくださいね。
遺伝とハゲには勿論関係はありますが、すこしの努力でかえれるかもしれないので是非参考にしてみてください。