ハゲのタイプ別、育毛剤の選び方

年々薄くなってきたと気になってはいませんか。鏡を見るたびに億劫になったり、人に見られているのでないのかと外に出てもソワソワ落ち着かなかったり、髪の毛の存在は精神的に参るくらい重要な人が多いですね。
スキンヘッドが似合う人なんかはその後どうするのかが見えてきますがみんながみんなではないのでこれ以上減らしたくないと思うのが正直なところですね。
育毛剤にもいろいろあり、どれをいつから使って良いのか迷うのも無理ありません。少しでも一緒に解決できたらと思い美容師からの目線としてご紹介します。

ハゲのタイプ

ハゲのタイプ<

薄くなると良いっても、前から来る人、後頭部からくる人の大きく分けて二パターンあるのではないでしょうか。
M字のハゲはもともとその部分をリセッションといい、男性に限らず産まれ持って剃りあがっている人が多い部分ではあります。
なのでM字ハゲの場合はそこだけ見るのではなく、全体的におでこの面積がどうかを見た方がいいと思います。
後頭部はつむじがある人も多く、なかなか自分では見えない箇所でもあるので気づいたときには既に広がっているということにもなりかねません。
薄くなる人の特長には、男性ホルモンが多く、胸毛や体毛が多い人が特徴にあげられます。そのような人は少し全体的に気にしてみるといいのかもしれません。
早めに気づいたほど対策は見つかりやすいからです。

育毛剤の効果

育毛剤の効果

はげて来たら取り合えず育毛剤を試す人が多いと思います。育毛剤というのは早く使うほど効果が出てきます。
実際ハゲが進行して毛穴が閉じて役目を終えてしまった後に育毛剤をつかっても何の意味もありません。
育毛剤は薄くなってきたかな?くらいの半信半疑のときから使ってないと実際の効果が得られないのです。そこを勘違いしている人が多いのも要注意要素のひとつではあります。
直接頭皮に付けるものなのでその日のシャンプーはしっかり頭皮を洗い、しっかりすすいでキレイにすることも重要です。
種類をみるよりも使い方を先に知るほうが効果的だと思います。