血行不良がハゲを招く

どうしてはげるのか

まだまだこれといって原因解明ができていないハゲ、薄毛問題ですが、髪の毛も他の細胞同様に日々サイクルが行われています。
生えてこなくなのも遺伝もありますが毛穴のダメージや、血行不良など原因は幅広くあるといわれています。
だれもが薄毛になってきて悩む人が多いように感じますが、薄くなりそうな髪質の人、遺伝的にはげそうな人はあらかじめ気をつけておくことによってもしかしたら免れれるかもしれない問題ということを分かってもらえると後々悩まずにすむ人も減るような気がします。

ハゲとの関係性

ハゲとの関係性

はげるということはやはりなにかしら原因があります。
人の体は血液がめぐって細胞に活気を与えています。
もちろん血行不良に陥ると冷え症に悩まされたり、お肌に影響をもたらしたりと様々なところで問題やトラブルがでてきます。
それと同じように、髪の毛のサイクルにも影響がでてくるので無関係という訳にはいきません。毛穴の元気もやはり血行不良だと萎えてしまうのはほかの細胞となんら変わりは無いのです。
かといってわたしたちにどうすることができるのでしょうか。

血行不良にならないために

血行不良にならないために

血行不良にならないために私たちが気をつけないといけないことは、やはり体の調子を整える事に繋がると思います。
女性が産後髪の毛がごっそり抜けるのをご存知でしょうか。それはおなかにいるときから、出てきても母乳を与えたりと栄養をごっそりあかちゃんにもって行かれるからです。
その栄養は血液が大きく関係しています。
おなかにいるときの栄養も血液から、母乳も血液で出来ていることから、その血液の栄養分を取られるということはそれだけ髪の毛や体に影響を及ぼしかねないのです。
体調を崩すと髪の毛につやがなくなったりパサパサしたりします。
毛穴一つ一つにも栄養を与えている血液は非常に大切なものということがわかります。
早い段階から、血行不良を起こさないために健康な体つくりを目指していきましょう。